T-SK

TOKYO, JAPAN

T-SK

T-SKはR&B/Hip-Hop/Pops/ELECTRO/TRAP/ROCK等ジャンルを超えた融合的な音楽制作を行う、マルチクリエイターである。

T-SKがプロデュースしたCIMBA“REPLAY”(2009年)がヒットを記録。その後は、ポップシーンへもフィールドを広げ、様々なアーティストへ楽曲提供をしている。その大胆かつ繊細な旋律と、強烈なシンセサイザーを駆使するT-SK独自のサウンドは、海外からの評価も高く、Future UnisonのメンバーであるNERVOやSIRIUS、MoonChild等、海外プロデューサーと共に国内外の楽曲を手がけている。

T-SKがプロデュースした安室奈美恵“Love Story”(2011年)は500万DLを記録。三代目J Soul Brothers “Eeny, meeny, miny, moe!”(2015年) が収録された『PLANET SEVEN』はミリオンセールスを記録し、YouTubeの再生回数は2,900万に達した。2016年には三代目J Soul Brothersのドキュメンタリー映画の主題歌“Born in the EXILE”を手がけ、実力と実績を備えた、誰もが認めるヒットメーカー、プロデューサーへと成長している。

T-SK is a producer, composer, track maker and vocal director. He mainly produces R&B, Hip-Hop and Pops. He started composing at the age of 12 with his talents of piano and started his career as a track maker at first. He has been producing many hit songs for Japanese artists. “Love Story” (2011)for Namie Amuro recorded over 5 million DLs. “Eeny, meeny, miny, moe!”(2015) for Sandaime J Soul Brothers recorded 1 million CD sales and over 29 million views on YouTube. He is recognized as one of top producers in Japan now.
He has also been writing songs for foreign artists such as TVXQ and BoA.
*Total sales of over 8 million copies and over 8 million DLs

REPRESENTED WORKS